「3.11」から11年。便利な防災グッズや帰宅困難時の支援など、今知っておきたい知識とは
拡大する(全3枚)

「3.11」から11年。便利な防災グッズや帰宅困難時の支援など、今知っておきたい知識とは



今年の2022年3月11日で「東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)」から11年経ちます。



金曜日の14:45に発生し、平日の日中であったことから、都内では多くの帰宅困難者が出ました。



11年後の今だからこそ、地震に対して備えるための必要な知識を改めて確認していきましょう。



■多彩化する防災グッズ。持ち出し袋や日常的に食べられる非常食など



「3.11」から11年。便利な防災グッズや帰宅困難時の支援など、今知っておきたい知識とは

T.TATSU/shutterstock.com



まず、地震に対する備えといえば「防災グッズ」が真っ先に思いつきます。



ひと昔の非常持ち出し袋は「大きく、重い」というイメージがありましたが、最近開発されている防災バッグは軽量化され、必要最低限の道具が厳選されています。



例えば、山善の「防災バッグ30」は使い捨て食器やホイッスル(がれきの中から位置を知らせるために使う)の他、給水バッグや携帯用ブランケットなどの「避難所で便利な道具」を中心に組み立てられているのです。



そして、災害時には重要な、両手が自由になるリュックサックタイプとなっています。



これであれば、避難所に行く必要がある時でも必ず持ち出せますし、少しでも過ごしやすくなりそうです。



そして、日常的に食べられる非常食としては、「飴」や「チョコレート」を用意しておくのがお勧めです。



これらは砂糖や脂で出来ているので、小さくても大きなエネルギーになります。


この記事の画像

「「3.11」から11年。便利な防災グッズや帰宅困難時の支援など、今知っておきたい知識とは」の画像1 「「3.11」から11年。便利な防災グッズや帰宅困難時の支援など、今知っておきたい知識とは」の画像2 「「3.11」から11年。便利な防災グッズや帰宅困難時の支援など、今知っておきたい知識とは」の画像3