そのマンション買っても大丈夫? 意外と知らないマンションの維持費とは

そのマンション買っても大丈夫? 意外と知らないマンションの維持費とは

新築、中古を問わず首都圏に住む際には、マンションを住居として考える人も多くいるでしょう。東京23区内では、一戸建てに住む人の割合は24%、対してマンションを購入して住んでいる人は19%となっており、全国平均の戸建て52%と比較すると、都内に限れば年々マンションに住む人の割合は一戸建てに住む人の数字に近づいてきています。



マンションに住む人が増えている背景としては、その立地の良さや職場への通勤面、また眺望の良さに加えて、やはり23区内では一戸建てを一般的な収入のサラリーマンが購入するのは難しい、しかしマンションならばなんとか家族で住める大きさの家が都心でも買える、といった経済的な都合という側面も大きいでしょう。



しかし一戸建てと比較をすると、マンションは集合住宅だけに、色々な維持費が必要になってきます。長年マンションに住み続けるとしたら一体どの程度の出費を考えなければいけないのでしょうか。



■マンションの維持のためにかかる経費



それでは最初に、マンションに住み続ける場合にはどのような経費がかかってくるのか、それを具体的に挙げていきたいと思います。一戸建てに住んでいても必要となるものもありますし、マンションならではの経費もありますので、その差をよく知っておきましょう。



管理費

マンションに住むとほとんどの物件で必要となるものです。賃貸のマンションやアパートに住んでいる人でも請求された経験があるのではないでしょうか。マンション全体のゴミ出しや消火器、水道や共有部分の電気代など、マンションの住民全員が使用する設備の維持費になります。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2017年3月26日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。