【日経平均株価】プロがチャート分析。今週は米株が大幅下落する中、底堅く推移するか
拡大する(全1枚)

日経平均株価は2万7000円付近でもみ合うが下値も固い



2022年5月20日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は、前日比336円19銭高の2万6739円03銭でした。



前日は500円を超える下落となりましたが、一転して自律反発の動きとなりました。



ファーストリテイリング、リクルートなどの値がさ株も買われました。



東証プライムの売買代金は概算で2兆9995億円と3兆円に迫りました。



今週の動きはどうなるでしょうか。



20日の米株式市場でダウ工業株30種平均は前日比8ドル高の3万1261ドルでした。



小幅に反発したものの週間では934ドル安という大きな下落です。



また、8週連続の下落です。



ハイテク株中心のナスダック総合株価指数と、S&P500種株価指数はそれぞれ7週連続の下落となっています。



今週の動きはどうなるでしょうか。



ダウ平均が8週連続で下落したのは90年ぶりです。



米株が歴史的な下げ局面にさしかかっています。



背景には米連邦準備理事会(FRB)の引き締め策があります。



これまで、株式市場が軟調になると金融緩和を行ってこれを支えるのがパターンでした。
しかし、足元ではインフレが懸念されることから、FRBもこれを抑制するために引き締めの方向となっています。



ロシアのウクライナ侵攻により、原油をはじめとする資源高や、食料不足による物価上昇などが予測されています。



侵攻が長期化すると世界的にインフレが進むおそれもあります。