日本はなぜ経済成長の勢いを取り戻せないのか?

■先進国で続く経済成長率の低迷~長期停滞論とは



日本はなぜ経済成長の勢いを取り戻せないのか?

日本はバブル崩壊後、「失われた20年」と呼ばれる経済の長期停滞期に突入しました。この状況を改善すべく、2012年以降アベノミクスや黒田バズーカと呼ばれる経済政策が導入され、一時円安が進み、株価も上昇しましたが、GDPの成長率は依然として伸び悩んだままです。



また、2016年のマイナス金利導入に象徴されるように、日本では短期・長期ともに歴史的な低金利が常態化しています。しかし、このような長期低迷は日本特有のものではなく、世界の先進国で広く見られる現象であるようです。



■先進国では全体的に経済成長率が低下している



以下の図表1のように、日本や米国、EUに加盟している多くの先進国では時間とともに経済成長率が低下していることが分かります。一方、中国などの新興国では、比較的高い成長率が続いています。



図表1:世界各国のGDP成長率(%)



日本はなぜ経済成長の勢いを取り戻せないのか?

出所:The World Bank のデータより筆者作成



なぜこのように先進国で経済成長率が低い状態が続いているのでしょうか? この現象を説明する理論の一つに、先進国では慢性的な需要不足・貯蓄超過があるとする「長期停滞論」と呼ばれる考え方があります。今回は、この「長期停滞論」を基に、先進国の低成長について考えてみたいと思います。



■なぜ成長率が低下しているのか-サマーズ氏の唱える「長期停滞論」とは



「長期停滞論」とは、米国の元財務長官であるローレンス・サマーズ氏が唱えたものです。2013年のIMF(国際通貨基金)での彼の発言によって話題となり、世界のマクロ経済情勢を語るうえでの一つのトレンドとなっています。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「日本はなぜ経済成長の勢いを取り戻せないのか?」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    なぜって、アベちゃん&黒ちゃんの能力が足らなかったんだろうな

    1
  • ゲコッ!! 通報

    市場規模が縮小してる。日本の小学生は絶滅危惧種、レッドリスト入りです。トキの様に外来種の若いメスをあてがって子供を産ませなくては。生殖能力の衰えた在来種のメスは廃鶏として...悪夢だ。悪夢だ!!!!

    0
この記事にコメントする

「アベノミクス + GDP」のおすすめ記事

「アベノミクス + GDP」のおすすめ記事をもっと見る

「アベノミクス + 雇用」のおすすめ記事

「アベノミクス + 雇用」のおすすめ記事をもっと見る

「アベノミクス + 消費税」のおすすめ記事

「アベノミクス + 消費税」のおすすめ記事をもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年4月12日の経済記事

キーワード一覧

  1. アベノミクス GDP
  2. アベノミクス 消費税
  3. アベノミクス 賃金

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。