中央競馬の売上はピーク時の3分の2に。今後の施策は?

■停滞する公営ギャンブルの中では大健闘



中央競馬の売上はピーク時の3分の2に。今後の施策は?

■9月16日は「競馬の日」



9月16日は「競馬の日」です。これは、1954年(昭和29年)に日本中央競馬会(JRA)が農林省(現在の農林水産省)の監督の下で発足したことに由来します。そのため、日本中央競馬会発足記念日とも称されています。それまでは、農林省畜産部が運営する国営競馬でした。しかし、現在も事実上の国営競馬であることに変わりはありません。



競馬に関しては、勝馬投票券(馬券)を購入する人、馬券は購入しないけど好きな人、興味がない人、嫌悪感を持つ人など様々かとは思いますが、「競馬の日」にあたって、競馬会の現状を見てみましょう。



■中央競馬は最大の公営ギャンブル、他を圧倒する規模



中央競馬は公営競技(「公営ギャンブル」と称されます)の中では最大規模を誇ります。具体的に売上規模を見ると、中央競馬が2兆5,834億円、地方競馬が4,310億円、競艇が1兆422億円、競輪が6,159億円、オートレースが678億円です(いずれも2015年実績)。



オリンピック種目になっている競輪よりも競艇の方が断然に大きいことや、人気アイドルグループSMAPの元メンバーが選手として活躍しているオートレースが非常に小さい規模であることなど、いくつか意外なこともあります。その中で、中央競馬が圧倒的な規模であることが改めて分かります。



■多くの公営ギャンブルは深刻な停滞期



しかし、こうした公営ギャンブルは現在、深刻な停滞期にあります。多くの公営ギャンブルが1990~1997年にピークの売上を記録していますが、2015年には地方競馬と競艇は半減以下、競輪は3分の1以下、オートレースに至っては約2割程度(つまり▲8割減)まで減少しています。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2017年9月14日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。