成城石井の新業態、「グローサラント」で何が体験できる?

■調布の駅ビル、トリエ京王調布にオープン



成城石井の新業態、「グローサラント」で何が体験できる?

■京王線・調布駅ビル「トリエ(Trie)」がオープン



新宿から高尾・八王子に向かう京王線の調布駅。かねてより地下化を進めていましたが、画竜点睛ともいうべき駅ビルが完成し、9月29日にオープンしました。



名称は、トリエ(Trie)京王調布。A・B・Cの3館で構成され、5階建てのA館はスーパーマーケット、ファッション、書店など生活密接ショップ。B・C館は4階建てで、B館は丸ごとビックカメラ、C館は映画館のシアタス調布を始め趣味や生活を楽しむためのショップになっています。各館には喫茶やレストランもそれぞれあり、買い物で疲れた体を休める場所には事欠きません。



オープニング記念のサービス・イベントはすでに終了していますが、今からでもワンコイン映画サービスには間に合います。『アメリ』『大統領の料理人』『スタンド・バイ・ミー』など家族で楽しめる6作品が、10月20日まで1日1回500円で観賞できます。



詳しい内容、その他のイベントなどはHP( http://trie-keiochofu.jp/index.html )でご確認ください。



都心から近い調布ですが、特別な用事でもないかぎり訪れることは滅多にありません。いわば近くて遠い街ではありますが、歴史ある深大寺、自然を堪能できる野川、旧石器・縄文時代の遺跡など、散策に適したスポットもふんだんにあります。都内在住の方だけでなく、上京したついでにでも、駅ビルめぐりをかねて、この秋は調布まで一度、足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

...続きを読む

あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2017年10月7日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。