回転ずし業界はこれからどうなるのか。勝ち組はどのチェーン?

回転ずし業界はこれからどうなるのか。勝ち組はどのチェーン?
拡大する(全1枚)

■回転ずしという外食チェーンは投資テーマとなるのか



回転ずし業界はこれからどうなるのか。勝ち組はどのチェーン?の画像はこちら >>

2017年9月29日、同年3月に再上場した「スシローグローバルホールディングス」(以下、スシローGH)が、元気寿司、および元気寿司を運営する米卸大手の神明との資本業務提携を発表しました。



再上場したばかりのスシローGHのアクションだけに、株式市場のみならずメディアも積極的に報道をしています。今後は誰が回転ずし業界の勝ち組になりそうかを見ていきましょう。



■株主が次々と入れ替わった業界大手スシロー



スシローGHは、元「あきんどスシロー」として2003年9月に東証二部に上場。その後、創業者の一部が外食大手ゼンショーに持ち株を売却しています。2009年4月にあきんどスシローは投資会社などとともにMBO(マネジメントバイアウト)を実施し上場廃止となり、ゼンショーは持ち株を手放すこととなりました。



その際に関わったユニゾン・キャピタルは、2012年9月に英投資ファンドのペルミラが出資するアイルランドの投資会社コンシューマー・エクイティ・インベストメント(CEI)に株式を売却。今回の発表の中でCEIは30%弱の持ち株のすべてを売却し、神明がスシローGHの筆頭株主となることになっています(注)。



CEIから神明への売出価格は一株当たり4,000円と、現在の3,630円(2017年10月5日時点)を上回る価格です。神明からすればマーケットにインパクトを与えないで株式を集めることができるため、市場価格より若干高めでも折り合ったのではないかと考えられます。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク