投資で失敗する人が必ずはまる「王道パターン」

■なぜ、気づかぬ間にこうなっちゃうの?



投資で失敗する人が必ずはまる「王道パターン」

 投資の鉄則といえば、「安いときに買って、高いときに売る」。考え方自体はいたってシンプルなものです。



 しかし中には、うまく運用しようとして「高いときに買って、安いときに売る」という逆のことをやってしまう人がいます。持っていた銘柄が高値で売れた後に「やっとひと息ついたな」と思っても、これまでの損益を合計してみると、実は思っていたより儲かっていなかったり、むしろ損をしてしまっていたりすることもあります。恐ろしいのが、こうした状況に「気づかぬうちに」陥ってしまうことです。



 なぜ、こうした「逆鉄則」を踏んでしまうのか、特にどんな人がそのような状況に陥りやすいのか、そしてどうすれば回避できるのかを、書籍『投資信託でうまくいく人、いかない人』の著者・白石定之さんが解説します。



■失敗の典型パターン



 具体的に、どのようにして「失敗パターン」に陥ってしまうのか。株式を例に、投資家の心理を、株価を追いながら見てみましょう。



投資で失敗する人が必ずはまる「王道パターン」

1.株価1000円で買付
「この銘柄は上がりそうだ」
株が上がることを期待。



2.1200円に上昇
「やっぱりオレの目は正しい」
すぐに上昇したので、気分は高揚。自分は腕がいいかもと思っている。



3.1100円に下落
「1200円で売っておけばよかった。また1100円まで戻ったら売ろう」
ほんの少しだけ悔しさはあるが、まだ余裕がある。



4.1200円に上昇 → 売却(+200円)
「1200円になったから売却だ。やっぱりオレは株の天才だな。もう1回1000円に下がったら買い直そう」
利益を挙げて嬉しい状態。「株は簡単だ」と思っている。自信があり、やる気も十分。

...続きを読む

あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2018年1月13日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。