財務省は国の赤字を家計の赤字にたとえるな!

■国と民間の「連結決算」で見てみよう



財務省は国の赤字を家計の赤字にたとえるな!

財務省は財政の危機的状況を訴えていますが、久留米大学商学部の塚崎公義教授は、財政赤字を家計の赤字にたとえることに反対しています。



*****



緊縮財政を急ぎたいと考える財務省は、国民に危機感を持たせたいのでしょうが、国の財政を家計の赤字にたとえた説明をして、国民をミスリードするのは問題です。



■財政赤字を家計にたとえるのはミスリーディング



財務省は、「我が国の一般会計を手取り月収30万円の家計にたとえると、毎月給料収入を上回る38万円の生活費を支出し、過去の借金の利息支払い分を含めて毎月18万円の新しい借金をしている状況です。家計の根本的な見直しをしなければ、子供に莫大な借金を残し、いつかは破産してしまうほど危険な状況です」としています(日本の財政関係資料、平成29年4月)。



しかし、家計の赤字と国(日本国という意味ではなく、地方公共団体と区別するために中央政府を国と呼んでいる)の赤字は全く違うものですから、両者を同一視することはできません。



我が家が家計を改善するため、旅行計画を中止したとします。我が家の家計は改善する一方で、旅行会社の利益は減り、旅行会社の社員の給料は減るでしょうが、そんな赤の他人のことは知ったことではありません。我が家の家計が黒字になることが重要なのです。



しかし、国の場合は違います。国が財政赤字を削減するために公共投資を中止したとします。建設会社は国にとって赤の他人ではなく、大切な国民です。建設会社が赤字になったり社員が失業したりすれば、大切な国民が困るだけではなく、税収も減りかねません。下手をすると、景気対策を求められて財政赤字がむしろ拡大してしまう可能性もあります。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「財務省は国の赤字を家計の赤字にたとえるな!」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    ①政府の赤字は国民の黒字。政府が予算執行して国民にお金を配った。そのお金は国民から国債を発行して借りて利息を支払っている。

    0
  • 匿名さん 通報

    ②国民は政府赤字1000兆円以上も金持ちになり、1700兆円もの金融資産を保有している。国民には個人と法人がいるが、法人も最終的には個人が保有している。

    0
  • 匿名さん 通報

    ③政府から貰えた国民と貰えなかった国民。貰った国民と取り返される国民が別々であることが問題。富の偏在化にもつながる。

    0
  • 匿名さん 通報

    ④政府財務省はお金をばら撒いたのだから、いずれは税金で取り返そうするのは当たり前。それには消費税が一番。国民は消費しないで投資に回す。

    0
  • 匿名さん 通報

    あ~っ ”どんなに借金あっても国民が最後の一人になればチャラ”理論か・・・こ~ゆ~馬鹿ネタで納得しちゃうから日露戦争の戦費昭和61年まで払い続けたんだよね・・・(呆)

    0
この記事にコメントする

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年1月28日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。