”まさか自分が?”は甘いかも〜自覚症状が薄い糖尿病の恐ろしさ

■合併症を発してからでは手遅れ、早めの血液検査を



”まさか自分が?”は甘いかも〜自覚症状が薄い糖尿病の恐ろしさ

■糖尿病の総患者数は約317万人、強く疑われる人も約1,000万人



生活習慣病の1つである糖尿病についてご存じですか? 恐らく、その名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。



厚労省の調査結果によれば、「糖尿病が強く疑われる者」(糖尿病有病者)、「糖尿病の可能性を否定できない者」(糖尿病予備群)は各々約1,000万人とのことです(平成28年)。そして、糖尿病の総患者数は316万6千人(平成26年:男性56%、女性44%)となっており、前回調査(平成23年)より約50万人増加しました。



注:本稿では生活習慣によるものとは異なる「1型糖尿病」については触れていません。



■糖尿病と診断されたAさん、終わりのない治療が始まった



Aさん(50歳代前半)はこの度、医師から糖尿病と診断されました。“糖尿病の恐れが強い”ではなく、完全な糖尿病の患者となったようで、Aさんは落ち込んでいました。



Aさんは従前から血糖値が高かったようですが、今回の受けた検査で“危険領域”を超えたということです。「糖尿病連携手帳」も作成され、さっそく投薬(飲み薬)も行いました。基本的に生涯終わることのない治療が始まったのです。



■糖尿病とはどのような病気なのか?



糖尿病は、主にインスリンの作用不足によって、慢性的な高血糖状態になる代謝疾患です。



本当にザックリですが、説明しましょう。人が炭水化物などから摂取した糖質は消化されてブドウ糖となり、血液中から全身の細胞に取り込まれて主なエネルギー源となります。血液中のブドウ糖を血糖と言います。このブドウ糖はインスリンというホルモンによってコントロールされ、血糖値は適正に保たれようとします。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。