日経平均株価はどうなる? 米中の貿易摩擦懸念が再燃する中、日本株は反発の流れに向かう

日経平均株価はどうなる? 米中の貿易摩擦懸念が再燃する中、日本株は反発の流れに向かう
拡大する(全1枚)

■【株式テクニカル分析】200日移動平均線に続き、25日移動平均線も回復



日経平均株価はどうなる? 米中の貿易摩擦懸念が再燃する中、日...の画像はこちら >>

2018年4月6日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は、前日より77円90銭安の21,567円52銭となりました。



■米中の貿易摩擦懸念が再燃、方向感を出しにくい展開



米中間の貿易摩擦懸念が依然としてくすぶっています。トランプ米大統領は5日(日本時間6日朝)、新たに1,000億ドルの中国製品の関税を引き上げる制裁の検討を指示し、中国もこれに対抗する姿勢を示しました。ただし、水面下では両国間で貿易戦争を避けるための交渉を進めているとされます。今後2か月間の交渉が行われますが、時間が限られている中で、どこで折り合いをつけるのか進捗が注目されるところです。



国際情勢は予断を許さない状況ながら、日本株は全面安といった状況でもなく、むしろ底堅さを感じます。特に、為替や景気動向などの影響を受けにくい不動産や食品など内需、デフェンシブ関連銘柄を物色する動きが広がっています。



来週以降の動きはどうなるでしょうか。米国では6日、3月の雇用統計が発表されました。非農業部門の雇用者数は前月比で10万3000人増と市場予想を下回りました。ただし、悪天候や2月に急増した反動との見方が多く、相場全体への影響は限定的でした。



6日のダウ工業株30種平均は前日比572ドル46セント安の23,932ドル76セントとなりましたが、雇用統計の結果よりも米中の貿易摩擦が激化するとの懸念から、中国での売上高の高い銘柄を中心に売られました。


当時の記事を読む

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「日経平均株価」に関する記事

「日経平均株価」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「日経平均株価」の記事

次に読みたい「日経平均株価」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年4月8日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。