トランプ大統領も買収提案にストップ! 世界の半導体業界で何が起きているのか

トランプ大統領も買収提案にストップ! 世界の半導体業界で何が起きているのか
拡大する(全1枚)

■テクノロジーアナリストと電子デバイス産業新聞の記者が徹底解説



トランプ大統領も買収提案にストップ! 世界の半導体業界で何...の画像はこちら >>

今、世界の半導体業界では大きな動きが止まりません。通信会社であるソフトバンクが半導体企業の英ARMを買収したことが記憶にある方も多いのではないでしょうか。では、なぜ異業種も含めて半導体企業の買収が盛んに行われているのでしょうか。



■世界中で半導体企業の巨額買収が起きている理由とは



なぜ半導体企業の同業だけではなく、異業種を含めた企業も巻き込んで巨額の買収劇が起きているのでしょうか。



そのきっかけは2015年にまで遡ります。



2015年にNXPによるフリースケールの1.4兆円での買収が行われました。また同年にアバゴ・テクノロジー(現ブロードコム)が旧ブロードコムを4.6兆円で買収しています。



翌年の2016年にはソフトバンクがARMを3.3兆円で買収。また、フリースケールを買収したNXPをクアルコムが5兆円で買収すると発表するなど、毎年立て続けに大規模な買収劇が起きています。



そして最近では、ブロードコムがクアルコムの買収提案をすると、2018年3月にはトランプ大統領が米国の安全保障上の理由から企業買収取引を禁止する大統領令を出しています。



■半導体が引き起こすテクノロジーの変化



なぜこのように半導体業界における企業買収が盛んに行われているのでしょうか。



それは、今後起きるテクノロジー業界の大きな変化に半導体が密接に関係しているからです。



すでに多くの人が感じているように、以下のような業界の動きが関わってきています。


当時の記事を読む

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ソフトバンク」に関する記事

「ソフトバンク」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ソフトバンク」の記事

次に読みたい「ソフトバンク」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年4月17日の経済記事

キーワード一覧

  1. ソフトバンク 株価

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。