米UDCの株価が3カ月で半分に、背景に「iPhone Xショック」

米UDCの株価が3カ月で半分に、背景に「iPhone Xショック」

 米ユニバーサルディスプレイコーポレーション(UDC)は、有機ELディスプレーや照明パネルに使用される燐光発光材料の世界最大手である。スマートフォンなどに搭載される有機ELディスプレーには現在、赤色と緑色の発光材料には燐光材料、青色には蛍光材料を使用するのが一般的で、UDCは赤色と緑色の燐光発光材料で高いシェアを持つ。同社が2月22日に発表した2017年の通年業績は、売上高が前年比69%増の3.36億ドル、営業利益が同2.1倍の1.46億ドルと過去最高だった。



 しかし、株価は1月18日につけた205.60ドルをピークに下がり続け、4月11日時点で100.15ドルとなり、わずか3カ月で半分以下に下落した。背景にあるのは、アップルのスマートフォン「iPhone X」の販売不振だ。



サムスンの減産が株価を直撃



 UDCは、有機ELディスプレー市場で世界シェアの9割以上を持つ韓国のサムスンディスプレー(SDC)と長年協業関係にあり、現在もSDCが最大の顧客である。17年はSDCから9000万ドルのライセンス収入を得たほか、SDCと燐光発光材料の供給契約を更新し、22年末まで契約を延長した(そこからさらに2年の延長が可能)。



 SDCは17年、iPhone Xに搭載された有機ELディスプレーをアップルに供給した。この供給量をまかなうため、SDCは1兆円以上の巨額投資を断行して製造装置の導入を進め、UDCの燐光発光材料も大量に使用した。これがUDCの17年の好業績に大きく寄与し、UDCは四半期ごとに通年の売り上げ予想を引き上げるという展開が続いた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

LIMOの記事をもっと見る 2018年4月18日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。