大幅増益「いきなり!ステーキ」のペッパーフードサービスの勢いは続くのか

大幅増益「いきなり!ステーキ」のペッパーフードサービスの勢いは続くのか

■いきなり!ステーキ事業が急成長



ステーキ店「いきなり!ステーキ」が人気のペッパーフードサービス(3053)は、主にペッパーランチ事業(PL事業)、レストラン事業、いきなり!ステーキ事業(IS事業)の3事業から構成されていますが、中でもIS事業が急成長を見せています。



同社は、国内ではIS事業の急拡大、海外ではPL事業のフランチャイズ(FC)展開が順調に進展するなど、非常に良好な事業サイクルが回っている状態です。また、IS事業拡大の余地はまだ残されていると言えるでしょう。



■2017年12月期は大幅な増益に



同社の2017年12月期業績は、売上高362億円(対前年度比+62%増)、営業利益23億円(同+140%増)、親会社株主に帰属する当期純利益13億円(同+133%)と、増収および大幅な増益を達成しています。



大幅な増益の推進力は、73店舗増加したIS事業の拡大です。IS事業単体では売上高270億円(同+92%増)、セグメント利益25億円(同+200%増)と、著しい伸びを見せています。



また、PL事業も売上高70億円(同+19%増)、セグメント利益13億円(同+21%増)と増収増益を達成。海外でも着実な伸びが見られます。



なお、これまでIS事業は直営店主体での事業展開でしたが、当期よりFC展開を本格化。新規出店予定200店のうち、直営が80店、FCが120店という出店計画となっています。



■FC店中心の大量出店で成長を目指す


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2018年5月17日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。