あなたはどの牛丼が好き? 吉野家、松屋、それともすき家?

■牛丼チェーン店のビッグ3を徹底比較



あなたはどの牛丼が好き? 吉野家、松屋、それともすき家?

牛丼はお好きでしょうか? 今も昔も庶民の味方。ワンコインで満腹になって、おつりまでくるコストパフォーマンス。地方へ出張に行っても全国どこでも同じ味を楽しめる最高の安定感! 大好きだからこそ牛丼チェーンごとの状況が気になります。そこで、「デフレの寵児」ともいわれた牛丼チェーンのビッグ3をさまざまな角度から比較してみたいと思います。



■牛丼チェーンは全国に4000店舗以上!



2018年4月現在、牛丼チェーン店ビッグ3の吉野家、松屋、すき家のトータル店舗数は4098店舗。内訳は、すき家が1941店舗、吉野家が1200店舗、松屋が957店舗となっています。



1990年代~2000年代前半において、牛丼チェーン市場をけん引してきたのは吉野家です。吉野家の創業は何と1899年(明治32年)。その歴史を背景に、長年、牛丼界のトップランナーの座を守ってきました。



ところが2000年代に入り、様相がガラリと変わります。牛丼業界にとって最大の逆風となった2003年のBSE問題によって各チェーンが大きな打撃を受けました。



以降、すき家の大攻勢が始まります。2006年に松屋を抜き業界2位に浮上すると、2008年には吉野家を追い越し、業界最大手の座を手にしました。その状況が現在も続いているのは先に見た店舗数からも分かります。



■牛丼戦争を振り返る



思い返せば、牛丼チェーン店を取り巻く環境の変化には紆余曲折の歴史がありました。先述した2003年のBSE問題が解決したところで、今度は2000年代中盤から熾烈な値下げ競争が始まります。これは「牛丼戦争」ともいわれ、社会的にも大きな注目を集めました。

...続きを読む

あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2018年6月12日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。