米朝首脳会談は肩透かし? 次は米欧日の金融政策に注目

■まだある今週の重要イベント



米朝首脳会談は肩透かし? 次は米欧日の金融政策に注目

■歴史的な米朝会談を受けた市場は概ね冷静



トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は、6月12日、シンガポールで米朝首脳会談を行い、会談後には合意文書に署名しました。この「包括的な合意文書」には、「朝鮮半島に永続的で安定した平和体制を構築する努力を共同して進める」との文言が盛り込まれたほかに、以下の4点が合意内容として記載されました。



合意内容(Reuter報道より)



  • 北朝鮮は「朝鮮半島の完全な非核化に向けた取り組みにコミット」する。
  • 米朝は「米国と北朝鮮との新たな関係を築く」ことで一致した。
  • ポンペオ米国務長官と北朝鮮側の担当者が主導するフォローアップ交渉の実施で米朝は合意した。
  • トランプ大統領と金委員長は「新たな米朝関係の発展および朝鮮半島と世界の平和と繁栄、安全保障の推進に向けた協力にコミット」する。

合意内容の詳しい解説は他の報道にお任せしますが、個人的には、北朝鮮による自主的な核の完全廃棄という目標と体制保証を合意とし、具体論は今後の協議に委ねた首脳同士の総論的な合意と評価しています。



金融市場の反応はというと、概ね冷静に捉えていると言えます。日本や中国、香港の株式市場は、前日比小幅高で引けました。一方、韓国をはじめアセアン諸国の株価は、やや軟調で前日比では下げて終わっています。欧州株式市場も小幅安です。



おそらく、会談でのより前向きな結果への期待感が強すぎたと推測されます。会談前は終戦協定締結への期待もあり、南北朝鮮の経済的な協力推進を予想し、両国経済の発展が急進するとの楽天的な見方さえありました。

...続きを読む

あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2018年6月13日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。