「半導体投資、初の1000億ドル超」に潜む不安要素

■意外に根深い貿易摩擦とFacebook問題



「半導体投資、初の1000億ドル超」に潜む不安要素

 調査会社の米ICインサイツは、2018年の半導体設備投資額が史上初めて1000億ドルを超える見通しになったと発表した。当初は17年比8%増の970億ドルを見込んでいたが、1~3月期のアップデートで6ポイント引き上げ、同14%増に見直した。



「半導体投資、初の1000億ドル超」に潜む不安要素

拡大する



 17年の半導体投資は、韓国サムスン電子が投資額を大きく引き上げたことで900億ドルに達したが、サムスン電子の18年投資額は17年実績を下回る見通しだ。ただし、18年1~3月期のサムスンの投資実績は67億ドルとなり、これは前3四半期の平均をわずかに上回った。ICインサイツは、18年のサムスンの投資額を17年比で42億ドル少ない200億ドルになると予測しているが、1~3月期の堅調な投資を考慮すると、通年ベースでは200億ドルを上回る可能性があるとみている。



 一方、上方修正に寄与したのが、同じく韓国のSKハイニックス。引き続きDRAMとNANDの需要が旺盛なことから、同社は設備投資額を17年の81億ドルから18年は115億ドルへ42%も増額する見通しとなっている。



 この背景にあるのが、韓国・清州の3D-NAND工場「M15」と、中国・無錫のDRAM工場の拡張だ。清州工場は18年末の稼働を予定しており、無錫工場は当初稼働予定だった19年初頭を数カ月早めて18年末までの操業開始を目指している。



■メモリー好調で18年も市場成長2桁に

...続きを読む

あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2018年6月13日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。