富裕層「予備軍」の資産運用とは

富裕層「予備軍」の資産運用とは

「お金持ち」という定義はあいまいですが、野村総合研究所(NRI)の定義によれば、世帯の純金融資産額(金融資産から負債を引いた金融資産額)で1億円以上5億円未満を「富裕層」と呼んでいます。また、同5000万円以上1億円未満を「準富裕層」と呼んでいます。ここではそうした「富裕層」の予備軍がどのような資産運用をしているかについてみていきましょう。



■富裕層の予備軍を定義する



2018年5月18日に総務省(統計局)は「家計調査報告」[貯蓄・負債編]平成29年(2017年)平均結果の概要(二人以上の世帯)を発表しています。その中で、貯蓄現在高の低い方から高い世帯へと順に並べて5等分にした五分位階級のデータを開示しています。低い方から第I、第Ⅱ、第Ⅲ、第Ⅳ、第Ⅴ階級と定義しています。※Vとは数字で5です。



そのデータの中で、「第Ⅴ階級」の平均貯蓄現在高は5397万円、一方で負債は244万円と、それらをネットした金額は5000万円を超えます。NRIの金融資産と総務省の純貯蓄現在高は必ずしも同義ではありませんが、ここでは総務省の貯蓄現在高五分位階級での「第Ⅴ階級」を富裕層の予備軍としてみていきましょう。



■富裕層の予備軍の資産運用の内容とは



では、第Ⅴ階級の貯蓄の中身を見てみましょう。ここでは全体の貯蓄の中での資産構成の比率をお示しします。



  • 通貨性預貯金:20.8%
  • 定期性預貯金:40.7%
  • 生命保険など:19.3%
  • 有価証券:17.9%
  • 金融機関外:1.4%

あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2018年6月28日の経済記事
「富裕層「予備軍」の資産運用とは」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    不動産による賃貸収入は打出の小槌。振ればお金が出てくる。株は配当率が2%ほどだが、不動産は利回りが7%ほどだ。その代わり株と違って大金が必要になる。

    1
  • 匿名さん 通報

    自分には関係ないが、中核派創価学会の安倍自公政権は海自SM3のFCSレーザー攻撃で国民を殺害し不動産侵奪するらしいからな

    1
  • 匿名さん 通報

    中核派創価学会の自公政権の空家等対策特措法では、国民、不動産権利者、相続人や抵当権者を海自FCSレーザー攻撃により殺害し不動産侵奪するケースが増加してるそうだ

    1
  • 匿名さん 通報

    自公政権の創価学会は殺人組織の中核派だからな、池田大作も中核派全学連、原田稔も中核派全学連で殺人組織の中核派だ

    1
  • 匿名さん 通報

    その殺人中核派自公政権を信用する方がおかしい、スルガ銀行シェアハウス事件もスルガ銀行側が儲けが出ない事を理解していた確信犯だろ

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。