人生100年と言うけれど...平均余命でお金の計画を立ててはいけない

■退職後の生活設計は何歳まで?



人生100年と言うけれど...平均余命でお金の計画を立ててはいけない

■人生100年時代



「人生100年時代」。この言葉が急に広がってきた。きっかけはリンダ・グラットン教授の書いた「Life Shift」(原題はThe 100-Year Life、「100年人生」)がベストセラーになったことだろうか。



安倍首相が座長で、2017年9月にスタートした「人生100年時代構想会議」の委員にもその教授を招くなど、一気に日本人の「100歳まで生きる人生」というメッセージが広がった。



厚生労働省が発表した平成28年の簡易生命表によると、今60歳の男性の平均余命は83.67歳、女性は88.91歳でまだ100歳には遠い水準。



現在20歳の人でもその簡易生命表を使うと男性で81.34歳、女性で87.46歳と、実は60歳の人よりも平均余命が短いのが実態だ。これは、単純に60歳の平均余命は、60歳まで生き残った人の平均余命だから、若い人の平均余命より高いということ。



それではどこに「平均余命が100歳」という証左があるのか。厚生労働省の資料によると平均寿命(その年の新生児の平均余命)が男性で昭和40年(1965年)の67.74歳から平成28年(2016年)に80.98歳、女性も72.92歳から87.14歳へと延びている。



ほぼ50年で男性が13.24歳、女性で14.22歳延びているわけだ。10年で男性が2.65歳、女性が2.84歳、寿命を延ばしているので、現在20歳の人が40年後に60歳になるときには平均余命が男女ともにそれぞれ10.60歳、11.36歳延びているはずだということ。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。