世界半導体市場が過去最高を更新

■市場拡大は今、米国が牽引している



世界半導体市場が過去最高を更新

 米国半導体工業会(Semiconductor Industry Association=SIA)によると、2018年5月の世界半導体市場(3カ月の移動平均値)は前年同月比21%増の387.2億ドルとなり、単月ベースの過去最高を更新した。前年同月比で成長率が20%を超えたのは17年4月から14カ月連続、2桁成長という見方をすれば16年12月から18カ月連続であり、引き続き半導体市場は力強い成長を維持している。



■過去20年で成長期は4回あった



 1999年からの過去20年を振り返ると、対前年同月比で2桁の成長率が連続した期間が4回ある。①99年5月~01年1月の21カ月間、②02年8月~05年3月の32カ月間、③09年12月~11年2月の15カ月間、④そして現在も継続中の16年12月~18年5月だ。



世界半導体市場が過去最高を更新

拡大する



 ①は先進国で携帯電話の普及が本格化し、のちに「ITバブル」と呼ばれた。②は半導体の生産が200mmウエハーから300mmウエハーへ、先端の配線プロセスがアルミから銅へそれぞれ本格的に移行した時期、③はリーマンショックからの回復期にあたる。



■過去3度の成長期の背景



 この各成長期について、地域別の動向を見てみる。
 
 ①の期間における地域別の平均成長率は、米州(Americas)27.0%、欧州(Europe)23.3%、日本(Japan)38.2%、アジア・パシフィック(APAC=中国含む)36.6%で、日本の成長率が最も高かった。ちなみに、この間の為替レートは1ドル=約110円だった。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。