日経平均株価が4日ぶり反落、ソフトバンクGは怒涛の9連騰!

■【東京株式市場】 2018年7月11日



日経平均株価が4日ぶり反落、ソフトバンクGは怒涛の9連騰!

■株式市場の振り返り-日経平均株価は4日ぶり反落、一時▲452円安まで売られる



2018年7月11日(水)の主要指標(カッコ内は前日終値比)



  • 日経平均株価 21,932円(▲264円、▲1.2%) 4日ぶり反落
  • TOPIX 1,701.8(▲14.2、▲0.8%) 4日ぶり反落
  • 東証マザーズ総合指数 1,029.7(▲12.4、▲1.2%) 続落

東証1部上場銘柄の概況



  • 値上がり銘柄数:485、値下がり銘柄数:1,563、変わらず:51
  • 値上がり業種数2、値下がり業種数:31
  • 年初来高値更新銘柄数:14、年初来安値更新銘柄数:147

東証1部の出来高は13億6,664万株、売買代金は2兆3,208億円(概算)となり、いずれも前日より減少しました。日本時間の朝方にトランプ大統領が、新たな対中国輸入制裁関税の検討を表明したことで、利益確定売りが広がりました。



ただ、依然として模様眺めムードも根強く、売買代金は2兆3,000億円程度の盛り上がりに欠けた商いとなっています。



そのような中、日経平均株価は終日マイナス圏で推移しました。トランプ大統領の新たな“脅し”を懸念して、前場の半ばには一時▲452円安まで売り込まれる場面が見られています。



その後は下げ幅を縮小したものの、終値では22,000円を割り込む4日ぶりの反落で引けました。



なお、TOPIXも同じような値動きで4日ぶりの反落となりましたが、下落率は日経平均株価より小さくなりました。これは、日経平均株価を構成する大型株の売りが優勢だったことを示唆しています。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。