40代投資家は、株式にいくら投資している?

■株初心者必見データ



40代投資家は、株式にいくら投資している?

「お金」のことは仲の良い友人や知人にも聞きにくいというのは皆さんお感じのことともいます。「自分と同年代の個人投資家はどのような資産運用しているのか?」というのは多くの人が気になるポイントでしょうか。



今回は2018年1月に発表された日本証券業協会による「個人投資家の証券投資に関する意識調査報告」をもとに「現在保有株式の時価総額」についてみていきましょう。つまりどれだけの金額を株式に投資しているかということです。



詳細は、以下の分布データを見ていただきたいのですが、若い世代といっても株式に大きな資金を投資出来ている「投資勝ち組」も実際にはいます。



■40代の個人投資家は株式をどの程度の金額を保有しているか



同調査では、株式や投資信託等の有価証券に投資をしている個人投資家を対象に調査をしたものです。また、その個人投資家の中でも今回は40代の株式投資をしている層にどの程度の金額(時価総額)を投資をしているかを調査しています。



40代といえば年齢的にもシニア世代と比べるとまだリスクをとれる資産運用ができそうですが、どうなのでしょうか。投資へ回せる資金も結婚し子育て中であれば十分に割り当てられないという世帯もあるでしょう。早速見ていきましょう。



  • 10万円未満:6.5%
  • 10~50万円未満:16.0%
  • 50~100万円未満:17.8%
  • 100~300万円未満:23.3%
  • 300~500万円未満:10.9%
  • 500~1000万円未満:12.1%
  • 1000~3000万円未満:9.1%
  • 3000~5000万円未満:2.5%
  • 5000万円以上:1.8%

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。