ふるさと納税、寄付額トップ5はどこ? 返礼品見直しでも総額は過去最高

ふるさと納税、寄付額トップ5はどこ? 返礼品見直しでも総額は過去最高

■寄付額は年々増加。初の100億円超えの自治体も登場



総務省は2018年7月6日、2017年度のふるさと納税に関する調査を発表しました。それによると、寄付総額は3653億円と5年連続で過去最高を更新し、16年度比で28%も増えています。



もっとも寄付金が多かったのは大阪府の泉佐野市で、17年度の寄付額は135億3000万円あまりでした。以下、2位・宮崎県都農町(79.1億円)、3位・宮崎県都城市(74.7億円)、4位・佐賀県みやき町(72.2億円)、5位・佐賀県上峰町(66.7億円)などが続いています。



注目すべきはトップの泉佐野市です。同市の16年度の寄付額は34.8億円で、順位は全国8位でした。17年度はその約4倍に伸ばすととともに、例年70億円台だったトップグループを一気に抜き去り、首位に躍り出ました。1年で100億円を超えたのも同市が初めてです。



背景にはやはり、返礼品の充実があります。泉佐野市では返礼品の品揃えを16年度より300種類以上増やし、1000種類以上としました。泉佐野市は返礼率が高いのも特長です。



総務省は17年4月、金券や家電など換金しやすい返礼品や高額すぎる商品の提供を控えるよう自治体に通知しました。返礼金の調達額も寄付金の3割以下にするように求めました。



これを受けて、多くの自治体が見直しに動きましたが、返礼率が高い自治体もまだあります。泉佐野市の17年度の返礼率も約4割でした。ただし、同市では18年度以降は返礼率を3割以下にする予定です。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。