相次ぐ熱中症事故で浮き彫りになった学校の「エアコン格差」

■ビジネス、今日のひとネタ



相次ぐ熱中症事故で浮き彫りになった学校の「エアコン格差」

猛烈な暑さが続き、各地で猛暑日と呼ばれる35度以上の気温が記録されています。この時期に特に気をつけなければいけないのが「熱中症」です。猛暑日は、大人にとっても要注意ですが、子どもの場合、より一層の注意が必要です。



愛知県豊田市では、7月17日に小学1年生の男児が校外学習のあと熱中症で亡くなるという不幸な事故があり、学校側の管理体制が適切だったのか物議を醸しました。熱中症が児童・生徒を襲ったのはこの件だけではありません。たとえば7月19日には、東京都練馬区の高校で、体育館で詐欺被害防止に関する講演会を開いていたところ、生徒25人が熱中症のような症状を訴え、このうち20人が病院に搬送されたそうです。



子どもたちを熱中症から守るために、学校の現場ではどんな手立てがあり、どんな対策がなされているのか(あるいはなされていないのか)を考えてみたいと思います。



■大人以上に注意が必要な子どもたち



まず、そもそもなぜ子どもの熱中症には、大人よりも注意が必要なのでしょうか?



理由の1つとして、子どもは大人に比べて、暑さに弱いということが挙げられます。子どもは体温を調節するための身体の機能が大人ほど出来上がっていません。特に「汗をかいて体温を下げる」という機能が未熟なため、体の中に熱がこもりやすく、結果として体温が上がりやすくなってしまいます。



また、身体の中の水分の割合が大人よりも高いのも子どもの特徴です。個人差がありますが、成人で体重の60~65%くらい(お年寄りだと50%台)が水分だといわれているのに対して、子どもは体重の70%くらいを占めるといいます。そのため、気温の変化の影響を受けやすいのです。

...続きを読む

あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2018年7月21日の経済記事
「相次ぐ熱中症事故で浮き彫りになった学校の「エアコン格差」」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    土建と違って、学校は利権が乏しいから優先されない。先進国で子どもにダントツ金を掛けてない顛末が今の少子化。利権優先で子どもをなおざりにしてきた歴代の政治家の罪は万死に値する。

    1
  • 匿名さん 通報

    富国強兵で学校作りまくったのにね(笑)

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。