敵は姑だけじゃない!?「実はウチ…舅の方がやっかいなんです」

敵は姑だけじゃない!?「実はウチ…舅の方がやっかいなんです」

ネットや雑誌、テレビで幾度となく取り上げられ、もはや定番となっているのが嫁と姑の確執。しかし広い世の中、姑よりもやっかいな存在、舅に悩まされている…という方も少なくありません。今回は、舅への対応に頭を悩ませている2人の女性の例をご紹介しつつ、舅との関係性、上手な距離の取り方について考えてみましょう。



■舅が不機嫌だと緊張が走る



小学3年生の男の子と1年生の女の子を持つSさん(42歳)。夫の実家は車で30分程度の距離。月に2~3回は食事に招かれるのだとか。子どもたちは、おいしい食事を作ってくれる優しいおばあちゃんが大好き。Sさん自身も何でも話せて実の母のようによくしてくれお姑さんに信頼を寄せています。



しかし、Sさんは義実家に行くのが大きなストレス。原因は舅。とにかくいやみったらしくてエラそう。「月に何度もメシを食いにくるのだから、さぞかし食費が浮くだろう」と言ってきたり、子どもたちが「おばあちゃんのご飯、おいしい!」と言うと「家ではあんまりいいものを食わせてもらえてないのか」と返したり。



Sさんの夫に対しても「お前はちょっとSさんの尻に敷かれ過ぎなんじゃないのか」「子どもたちのしつけがなっていない。甘やかしすぎなんじゃないのか」と言いたい放題。



Sさんの夫は舅のことが怖いらしく、何を言われても反論せず、黙って聞いています。そんな夫の姿にもまたイライラ。何度も「2度と来るか!」と思うのですが、いつも帰り際に「ごめんなさいね。気を悪くせずまた来てね。私、あなたたちに会えるのが楽しみなのよ」と謝ってくる姑が可哀想で、なかなか絶縁する勇気が持てず…。

...続きを読む

あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2018年8月13日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。