子どもとの夏休み、疲れる原因ともっと楽にする対策3つ

■子どもの成長を感じられる夏休み



子どもとの夏休み、疲れる原因ともっと楽にする対策3つ

夏休みも残り半分ほど。もう既にヘトヘト…というママも少なくないでしょう。特に今年は猛暑ですし、一日中子どもが騒いだりダラダラしていると、怒る機会も増えてしまいますよね。残りの夏休みを乗り切るために、夏休みに親が疲れる原因と、その解決策をご紹介します。



■一日中子ども中心で動く→大人の時間を作る



夏休みは一日中子どもの遊びに付き合ったり、子どもの好きな場所へ連れて行くなど、終始子どもペースで動かなければなりませんよね。親が自分の好きなことをしたり、ゆっくりお茶を飲むことさえできないので、疲れも溜まるもの。



いくら子どもが好きでも、自分の時間がとれない日が何日も続けば、心の余裕をなくしてしまうのが人間です。「夏休みは怒りっぽくなる」のはママの夏休みの悩みの代表格でしょう。子どもにとっては楽しい夏休みですし、約40日間もあるのですから、できればイライラしたくないですよね。



子どもに怒らないためにも、毎日計画的に自分の時間は作りましょう。たとえば夏休みですから、普段よりもテレビやゲームの制限を緩めても良いでしょう。子どもがテレビやゲームを見ている間に、自分の好きなことをしたり、ゆっくりお茶を飲みましょう。



夏休みだからといって、全て子どものペースにしなければいけないという決まりもありません。「週に1回はママの好きなカフェや買い物、行きたい場所へ付き合ってもらう」のも良いでしょう。大人の世界を見せるのも、一つの経験となります。

...続きを読む

あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2018年8月11日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。