かつ丼の「かつや」が牛丼の「吉野家」を超える日

かつ丼の「かつや」が牛丼の「吉野家」を超える日

牛丼もかつ丼も「丼もの」ですが、いずれも多くの人が好きな食べ物ではないでしょうか。



牛丼でいえば「すき家」、「吉野家」、「松屋」といった大手チェーン店があり、店舗数も多いことで、身近であると同時にお得な価格でおなかが一杯になる食べ物といえます。



一方、かつ丼も人気のメニューではありますが、かつ丼などを扱うとんかつ専門店「かつや」などが勢いよく店舗を広げています。今回は、決算データをもとに関連企業や業界動向などを見ていきましょう。



■多角化を進める吉野家



現在の吉野家は吉野家ホールディングス会社として、吉野家、はなまる、アークミル、京樽等を傘下に、様々な外食チェーン店を運営しています。ちなみにアークミルは「VOLKS(フォルクス)」や「すてーきのどん」などの店舗を運営しています。



店舗数でいえば、2018年2月期末には、吉野家が1200店、はなまるが479店、アークミルが178店、京樽が330店、海外が171店で連結合計で3179店あります。2019年2月期には計画として3406店にまで広げようとしています。



こうしてみると吉野家ホールディングスは現在では牛丼チェーン店だけではなく、多岐にわたる外食チェーン店マネジメント会社といえます。



■吉野家ホールディングスの業績はどうか



吉野家ホールディングスは2018年7月6日に2019年2月期Q1決算を発表( http://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS08813/0ce5ea64/891f/44c8/9c29/d4119657050c/140120180705477398.pdf )していますが、その時点での会社による今期の連結業績予想は売上高が2110億円、営業利益は41億円を見込んでいます。

...続きを読む

あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2018年8月12日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。