貯蓄の世帯当たりの平均額を年齢別に知る

貯蓄の世帯当たりの平均額を年齢別に知る

「貯金いくら持っているの?」という簡単な質問でも知り合いに聞くのは難しいといのが実際ではないでしょうか。今回は厚生労働省(厚労省)の「平成28年 国民生活基礎調査の概況」( https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa16/index.html )をもとに年齢別の世帯当たり平均貯蓄額についてみてみましょう。



■世帯主の年齢(10歳階級)別にみた1世帯当たりの平均貯蓄額



まず、年齢別に1世帯当たりの平均貯蓄額を見ていきましょう。29歳以下及び70歳以上は、それ以外の10歳刻みとは異なりひとまとまりとなっています。



  • 29歳以下:154.8万円
  • 30~39歳:403.6万円
  • 40~49歳:652.0万円
  • 50~59歳:1049.6万円
  • 60~69歳:1337.6万円
  • 70歳以上:1260.1万円

このようにしてい見ると、60代までは年齢とともに平均貯蓄額が増えていき、70歳以上になるとその平均額が減少していることが分かります。とはいえ、70歳以上で1200万円以上の貯蓄額があることに若い世代は驚くかもしれません。



■世帯主の年齢(10歳階級)別にみた1世帯当たりの平均借入金額



ここまで貯蓄額を見ていきましたが、家計を考えれば、貯蓄の一方で負債、つまり銀行等からのローンといった借入金もあるケースもあります。ここでは先ほどと同様に年齢別の世帯当たりの平均の借入金額を見ていきましょう。

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

LIMOの記事をもっと見る 2018年8月12日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。