東京都職員の給料はいくらか

■公務員年収給与研究シリーズ



東京都職員の給料はいくらか

シリーズでお伝えしている「公務員年収給与研究シリーズ」。都道府県の公務員といえば、いまや子供にも人気のある職業です。今回は東京都職員について、最新の総務省の資料である「平成29年地方公務員給与実態調査結果等の概要」( http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/kyuuyo/h28_kyuuyo_1.html )をもとに見ていきます。



■東京都の全職員の平均給料はいくらか



東京都の全職種の職員数は16万9259人と16万人を超えています。16万人といえば、日本を代表する大企業にも匹敵する人数です。また平均年齢は40.7歳と40歳を若干超えています。



今回の総務省の資料をもとに当編集部で算出した東京都の全職員の平均年間給料は734.0万円。平均年間給料で700万円を超えています。



■東京都の一般行政職の平均給料はいくらか



また、東京都の一般行政職の職員数は2万319名と2万人を超えています。また平均年齢は41.6歳と40歳を超え、全職種の平均年齢よりも若干若くなっています。



同総務省の資料をもとに同様に算出した東京都の一般行政職の平均年間給料は716.6万円。こちらも平均年間給料で700万円を超えています。



■東京都職員と民間を比較するとどうか



国税庁の「平成28年分 民間給与実態統計調査」( https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan/gaiyou/2016.htm )によれば、日本の給与所得者の平均年齢は46.0歳で、平均給与は422万円。

あわせて読みたい

記事提供社から

「東京都職員の給料はいくらか」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    なんせ、世界一の高給取りの公務員ですから・・!

    1
  • 匿名さん 通報

    流石首都。地方公務員の平均を大きく押し上げてますね。田舎の地方公務員とは比較にならない。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。