日本航空の給料はどのくらいか

企業年収給与研究シリーズ



日本航空の給料はどのくらいか

シリーズでお伝えしている「企業年収給与研究」。最新の有価証券報告書( http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=yuho_pdf&sid=2685918 )をもとに注目企業の従業員の年収・給与や従業員数を見ていきましょう。今回は国内大手航空会社である日本航空です。



■日本航空の平均年間給与はいくらか



日本航空(提出会社)の2018年3月31日時点での平均年間給与は 866.7万円と800万円を超えています。また、従業員の平均年齢は40.1歳となっており若干ですが40歳を上回っています。平均勤続年数は15.2年となっています。



また、連結従業員の平均年間給与は以下の通りです。



  • 地上社員:590.5万円
  • 運行乗務員:2105.1万円
  • 客室乗務員:552.5万円

■日本航空の従業員数は何人か



有価証券報告書の提出会社(単体)の従業員数(常勤社員)は2018年3月31日時点で1万2127名。単体で1万人以上の従業員数がいます。単体のセグメント別従業員数は以下の通りです。



  • 航空運送事業:1万2127名

また、連結の従業員数は3万3038名。セグメントごとの内訳は以下の通りです。



  • 航空運送事業:2万9223名
  • その他:3815名

■過去5年の業績動向



日本航空(連結)の業績推移についても見ておきましょう。



まず、営業収益ですが、過去5年をみると横ばい傾向が続いています。2014年3月期に1兆3093億円であった水準が、2018年3月期には売上高は1兆3832億円となっています。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。