フィンテックの街へと舵を切る香港に注目すべき理由

■拡大する新たな金融ニーズ



フィンテックの街へと舵を切る香港に注目すべき理由

■急速な巻き返しを図る香港のフィンテック



9月12日、第3回香港フィンテック・ウィークのオープニングレセプションが香港九龍のICCビル(香港で最も高いビル)の100階にあるSKY100で開催され、筆者も参加してきました。会場は、500人近い参加者が、金融機関やIT企業から出席してごった返し、熱気にあふれていました。セレモニーでは、香港のケリー・ラム行政長官もスピーチするなど、香港政府の力の入れようと意気込みが感じられるイベントでした。



また、今回の香港フィンテック・ウィークは、10月29日から11月2日まで、香港だけではなく深センにまたがってクロスボーダーで開催される点が特徴です。折りしも香港と広東省広州市とを結ぶ高速鉄道が9月23日に全線開通し、香港とマカオの海上橋も完成間近となり、「粤港澳大湾区(グレーターベイエリア)」構想が本格的に動き出したことと、呼応する動きといえます。



2015年頃までは、フィンテックの取組みでは、どちらかというと他の後塵を拝した感のあった香港ですが、2016年の第1回香港フィンテック・ウィーク開催以降、巻き返しの動きに出てきました。以来、香港政府はフィンテック関連企業の支援、フィンテックの促進策を積極的に講じています。



一例では、サイバーポート(香港政府全額出資の香港数碼港管理が運営・管理)という街に、フィンテック関連のビッグデータ、スマートシティ、IoT分野に関するスタートアップ企業の誘致・入居を支援してきました。そこに入居するフィンテック企業数は、2017年3月には180社であったものが、2018年1月には250社へと増加しています。また、2018年3月には、香港のフィンテック企業である「WeLab」が、2億2,000 万米ドルもの資金調達に成功するなど、香港でフィンテック企業への投資が増えています。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。