航空機操縦士の給料はどのくらいか

       

厚労省のデータをもとにし、企業規模別の労働者数で加重平均した年間給与は1192.5万円です。また、企業規模に応じた年間給与は以下の通りです。



  • 1000人以上:1107.4万円
  • 100-999人:1432.7万円
  • 10-99人:734.8万円

年間給与は企業規模が100-999人のケースが最も高く1400万円を超えています。パイロットは給与水準が高い印象がある方も多いかと思いますが、さほど見てきたように加重平均の年間給与も1000万円を超えています。



■企業規模ごとの年齢と勤務年数



では、航空機操縦士の年齢についてはどうでしょうか。企業規模別の労働者数で加重平均した年齢は43.2歳、勤務年数は8.1年となっています。また、企業規模別年齢と勤務年数(カッコ内)は以下の通りです。



  • 1000人以上:40.0歳(9.3年)
  • 100-999人:42.9歳(7.2年)
  • 10-99人:47.4歳(8.9年)

いずれの企業規模でも年齢は40歳代となっています。また、企業規模が小さくなるのに従って年齢があがっています。



■職業を選択する際の材料に



職業を選ぶ際には、勤務地やまた労働環境はどうかといった要素なども重要な判断要素となるでしょう。待遇は職場ごとに異なることもありますが、今回の厚生労働省の調査結果での年間給与を仕事選びの一つの材料としてみてもよいのではないでしょうか。



ちなみに国税庁の「平成28年分『民間給与実態調査』」( https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2016/pdf/000.pdf )によれば、給与所得者(1年を通じて勤務した給与所得者)の平均給与は421.6万円となっています。内訳をみると男性が521.1万円、女性が279.7万円。男女計の平均年齢が46.0歳、男性の平均年齢が45.9歳、女性が46.1歳となっています。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年9月16日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。