お金を増やすには何から始めるべきなのか

お金を増やすには何から始めるべきなのか

お金は、ただ漫然と毎日暮らしているだけではなかなか増えません。お金のことをちゃんと意識することが必要になります。ここでは、お金を増やすためには何が求められるかを見ていきます。



■お金が貯まる人と貯まらない人の違い



そもそも、お金が貯まる人と貯まらない人の差は何でしょうか。お金を増やすにはその違いを理解し、お金を貯められる習慣を身につけることが役立ちます。



貯まる人は「お金が好き」、貯まらない人は「無頓着」

「お金が好き」というと、何だかガメツイ人のように感じてしまうかもしれません。しかし、お金はお金を好きな人のところにやってきます。お金が好きな人はお金を大切にできる人。そして無駄遣いをしません。また、財布の中をきれいに整理し、自分が今いくら所持しているかをいつも把握しています。



一方、お金を貯められない人はお金に興味がない傾向があります。自分が毎月何にいくら使っているかに無頓着でいると、気付いたら赤字になっていた!ということになりかねません。まずは、こまめに財布を確認して日々の出費を把握し、自分のお金に関心を持って大事に使うことを習慣化しましょう。



貯まる人は「見通し」がある、貯まらない人は「予定外」

お金が貯まる人はお金の使い方が計画的です。週単位、月単位、年単位でお金が必要になる予定を把握しておけば、それに向けて余裕をもって節約などをすることができます。たとえば、今週末は同窓会があるから平日の出費は控えようとか、10月に友人の結婚式があるから、ご祝儀のお金を貯めておこうとかという見通しを立てているわけです。

あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2018年10月15日の経済記事をもっと見る
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。