先週急反発の日経平均株価、当面の上値・下値めどはどのあたり?

先週急反発の日経平均株価、当面の上値・下値めどはどのあたり?
拡大する(全1枚)

■2018年11月4日 テクニカル分析



先週急反発の日経平均株価、当面の上値・下値めどはどのあたり?の画像はこちら >>

■米中貿易摩擦解消への期待から、輸出関連銘柄が買われる



2018年11月2日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は、前日より556円01銭高の22,243円66銭となりました。急反発です。上げ幅は1月4日(741円高)に次ぐ今年2番目の大きさでした。



2日午後、米国の通信社が、11月末にアルゼンチンのブエノスアイレスで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議において、トランプ大統領が中国の習近平国家主席と会談を行う見通しであるとともに、そこでの貿易合意の草案作成を指示したと報じました。



それが伝わると、米中の貿易摩擦解消が進展するとの期待から、中国への輸出関連銘柄が伸びました。外国為替市場で円相場が1ドル=113円台に下落したことも買いの要因となっています。



今週以降の動きはどうなるでしょうか。ビッグイベントとなるのが、6日に行われる米中間選挙です。今回は上院(定数100)のうちの35議席、下院(同435)の全議席、全50州のうちの36州の知事が改選されます。



現在、与党の共和党は上院下院でともに過半数となっています。上院は共和党が過半数を確保するのがほぼ確実とみられています。ただし今回は各地で反トランプ派の有力候補が多数立候補しており、下院では野党民主党が過半数を奪回する可能性も指摘されています。



上院下院ともに共和党が勝てば、減税など追加の政策が打ち出される期待から相場にも追い風となりそうです。


当時の記事を読む

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「日経平均株価」に関する記事

「日経平均株価」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「日経平均株価」の記事

次に読みたい「日経平均株価」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年11月4日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。