SNS上を賑わす「ママ活」は新しい男女交際の形なの?

■ビジネス、きょうのひとネタ



SNS上を賑わす「ママ活」は新しい男女交際の形なの?

みなさんは「ママ活」という言葉を聞いたことはありますか?



これは、子どもを産んでママとなるための活動……のことではありません。



「ママ活」とは、主に「年上の女性が、年下の男性とデートをする代わりに金銭的な援助をする」という男女交際を指して使われる言葉です。SNS上でも、連日、男女双方がハッシュタグをつけて相手を募集している様子が見られます。そのような「ママ活」に対する世間の意見をまとめてみました。



■「ママ活」の前に「パパ活」があった



そもそも「ママ活」という言葉は、どのようにして生まれたのでしょうか?



実はもともと「パパ活」という言葉がありました。この言葉は、2016年ごろから聞かれるようになり、『101回目のプロポーズ』『高校教師』や、最近では『高嶺の花』の脚本家で知られる野島伸司さんが、2017年に同名のドラマ脚本を執筆。インターネットテレビを経て、フジテレビで地上波放映されました。



「ママ活」はその対義語として生まれ、2017年後半ごろから聞かれるようになったといわれます。



ドラマでの「パパ活」は、フジテレビの公式サイトによると、「カラダの関係がなく、デートをするだけで金銭的支援をしてくれる男性との交際を意味する」という説明がされています。金銭面の要求を満たしたい若い女性と、精神的な安らぎを求めている大人の男性の需要がマッチして交際が盛んになりましたが、「ママ活」もこれと同様に、若い男性と大人の女性のニーズが合ったようですね。

...続きを読む

あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2018年11月15日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。