貯金1000万円と年収1000万円、あなたならどちらを選ぶか

貯金1000万円と年収1000万円、あなたならどちらを選ぶか

「貯金1000万円と年収1000万円、あなたならどちらを選ぶか」こう聞かれれば、一瞬どっちかなと考えていしまいますが、「ストックとフローをごっちゃ混ぜにした妙な質問だな」と気づきます。しかし、同時に「はて、どちらがよいのか」と考えてしまう人も多いのではないでしょうか。今回はこの質問に対して考えてみたいと思います。



■貯金1000万円に突っ込みたくなるポイント



「貯金1000万円」というと、金額そのものは魅力的な金額です。



もっとも、貯金が1000万円あっても、住宅ローンの借入が3000万円あれば、ネット負債という状況で、一概に金融資産があって裕福ということはできません。



また、こと資産運用となると金融機関に預貯金として預けておいても利子収入としては大した額は期待できません。いまどき貯金1000万円があるからといって利子だけで生活出来るものではありません。



預貯金は金融機関を金庫代わりとして流動性を確保するのに使うにはよいかもしれませんが、金融機関の預貯金は資産形成手段としては、いまいちというところでしょう。



「貯金1000万円」の問題点は、それがあるからといって金利を収入源としては暮らすには十分ではないということでしょうか。貯金が1000万円あっても暮らしていくためには、預貯金からリスク性資産にかえて運用しなければならないのが実際ではないでしょうか。



もっとも、1000万円を年間20%で運用したとしても超過収益は200万円です。利益を確定すれば、そこから税金も差し引かれます。20%の運用成績というのはプロ投資家でも立派な部類ですが、これだけで生活していくというのは難しいといえます。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2018年12月20日の経済記事
「貯金1000万円と年収1000万円、あなたならどちらを選ぶか」の みんなの反応 2
  • 変な質問 通報

    1000万拾うのと、年収1000万の定職みつかるのとどっちがいい?という質問の方が話が広げれたかもしれませんね。

    2
  • 匿名さん 通報

    結局のところ貯金1000万円と年収1000万円はどっちもビンボー人ってことか

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。