オリンパスが異例の大爆騰でストップ高! 日経平均株価は続伸

なお、TOPIXも同じような値動きで続伸となりました。



■東証マザーズ総合指数は大幅続伸、売買代金は5日連続の1,000億円超え



東証マザーズの出来高は9,121万株、売買代金は1,170億円となり、いずれも先週末より増加しました。引き続き個人投資家の物色意欲に改善の兆しが見られ、売買代金は5日連続で1,000億円を上回りました。



また、総合指数も大幅上昇の続伸となり、終値では12月17日以来となる900ポイント回復となっています。今後も引き続き、個人投資家の物色意欲の回復が大きなカギになると思われます。



■オリンパスが異例のストップ高で昨年来高値更新、トヨタ自動車は着々と6連騰



個別銘柄では、ファナック(6954)が一時+5%超高の急騰となり、東京エレクトロン(8035)、京セラ(6971)、TDK(6762)なども大幅上昇となりました。



また、ハイテク株では、先週末に企業変革プランを公表したオリンパス(7733)が値を飛ばしてストップ高で引けています(昨年来高値を更新)。日経平均株価の構成銘柄で、しかも大型株がストップ高になるのは極めて珍しいことと言えましょう。さらに、日立製作所(6501)も+7%超高の高値引けで連日の急騰となりました。



その他では、任天堂(7974)が一時+6%高に迫る急騰となり、トヨタ自動車(7203)が堅調に推移して6日続伸となったことが目を引きました。



一方、先週末に爆騰したファーストリテイリング(9983)が一転して急反落となり、ローソン(2651)とセブン&アイ・ホールディングス(3382)は大幅続落となりました。


当時の記事を読む

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「日経平均株価」に関する記事

「日経平均株価」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「日経平均株価」の記事

次に読みたい「日経平均株価」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年1月16日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。