経済・市場が不透明な今こそ考えたい、世界はまだ成長するのか?

■人口動態から見る世界経済停滞のリスク



経済・市場が不透明な今こそ考えたい、世界はまだ成長するのか?

昨年2018年の12月から今年19年の年初にかけて、米国を起点として世界の株式市場に動揺が走りました。



リーマンショックが収まってから、特に2013年にアベノミクスが始まってからの4~5年間は、様々な要因から日本、米国、ヨーロッパ諸国といった先進国の株式市場は基本的に上昇相場でした。



株式価格が上昇を続けていると、短期のみならず長期的にも「世界って結局成長するんだろうな」と考えがちですが、いざ株式市場が動揺すると、私たちは「やっぱり米国や欧州も日本のように、30年間株式価格がレンジ圏内にとどまってしまうというケースもあるのでは?」などいろいろなことを考えてしまいがちです。



また、米国や欧州諸国もさることながら、ぐんぐん成長していくだろうと思っていた新興国にしても、「どの新興国も昨年のトルコやアルゼンチンのようになってしまうのでは…」と勘繰ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。



■日本が「横ばいの30年」を経験した原因は、人口動態



日本経済が30年間も停滞をしてしまった原因は、バブル経済崩壊後の銀行の不良債権処理など細かいことを上げるときりがありませんが、たった一言で理由を挙げるとすれば、「人口減少・少子高齢化」です。



経済・市場が不透明な今こそ考えたい、世界はまだ成長するのか?

拡大する



上の図はもう読者の方も何回も見たことがあるであろう、日本の人口ピラミッドです。



ピラミッドの形もさることながら日本は人口自体も減少しており、さらにこういう人口ピラミッドの形状の場合、引退世代の割合が多いわけなので、労働人口はもっと急激に減少しています。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年2月23日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。