ポンド/円、来週の上下のメドは?ブレグジット成立で買い?それとも「合意なき離脱」で急落か?
拡大する(全6枚)

本日のレンジ予測

[本日のドル/円]上値メドは109.40下値メドは107.91

今朝の天気マークは「くもり」


※天気の判定基準は記事末尾にあります


「スーパー・サタディ」で何が起こる?


 2年間に及んだ英国とEU(欧州連合)のブレグジット交渉が、ついに合意しました。しかし、安心はまだできません。英政府(ジョンソン首相)が合意しても、英議会を通るまでは、ブレグジットは成立しないのです。メイ前首相の時代、離脱協定案が英議会で2度も圧倒的多数で否決されたのを覚えている方は多いでしょう。


 英議会は、明日土曜日に議員を緊急招集して採決する予定(スーパー・サタディ)。北アイルランドの民主統一党(DUP)は早々に反対を表明するなど、現時点の可決の確率はフィフティ・フィフティです。仮に離脱案が否決された場合は、不信任案の提出、解散総選挙という流れになるか、あるいは最悪「合意なき離脱」(強硬派にいわせると「クリーン離脱」)ということになります。


 ブレグジットで何が一番もめているのかというと、北アイルランドの国境関税問題。北アイルランドの税関は、法律上は英国に属していますが、実質上はEUの管理下に置かれることになります。北アイルランドをEUの関税同盟にとどめ置くことは、真のブレグジット(EU離脱)にならないと強硬派は反対しているわけです。


 では北アイルランドとアイルランド共和国にハードボーダー(物理的国境)を設置してはどうかということですが、これも問題。プロテスタントとカトリックの分断を深め、血と暴力の抗争が繰り返されるおそれがあるからです。


この記事の画像

「ポンド/円、来週の上下のメドは?ブレグジット成立で買い?それとも「合意なき離脱」で急落か?」の画像1 「ポンド/円、来週の上下のメドは?ブレグジット成立で買い?それとも「合意なき離脱」で急落か?」の画像2 「ポンド/円、来週の上下のメドは?ブレグジット成立で買い?それとも「合意なき離脱」で急落か?」の画像3 「ポンド/円、来週の上下のメドは?ブレグジット成立で買い?それとも「合意なき離脱」で急落か?」の画像4
「ポンド/円、来週の上下のメドは?ブレグジット成立で買い?それとも「合意なき離脱」で急落か?」の画像5 「ポンド/円、来週の上下のメドは?ブレグジット成立で買い?それとも「合意なき離脱」で急落か?」の画像6