金相場変動で分かる世界の風邪引き状況、金価格変動要因を分析

金相場変動で分かる世界の風邪引き状況、金価格変動要因を分析

 金相場の急反発が目立っています。2019年5月28日時点で1トロイオンスあたり約1,277.1ドルだったNY金先物価格(国際的な金価格の指標)は、6月10日午前時点で1,333.8ドル(+4.4%)近辺で推移しています。


 今回は、米中貿易戦争が激化したおよそ1年前から現在までに見られた金相場のさまざまな材料を俯瞰(ふかん)し、関係性に注目します。


図:足元の金相場の状況(筆者イメージ)


金相場変動で分かる世界の風邪引き状況、金価格変動要因を分析
出所:筆者作成

材料の俯瞰と材料同士の関係を観察しよう

 米中貿易戦争の激化は毎日のように報じられています。2国間の対立が、劇場化(政治ショー化)しながら世界中に拡大したため、そこに危機があることを一般人も認識するようになりました。


 金価格が上昇した際、その上昇は「米中貿易戦争の激化によってもたらされた」、と解説されることが、しばしばあります。戦争などの際に資金の逃避先として金が買われることを例えた“有事の金買い”というイメージを利用した解説だと感じます。


 米中貿易戦争は世界全体を覆う、暗雲のような存在です。金市場という世界の中の一部の事象は、この暗雲に飲まれ、影響を受けます。その意味では、米中貿易戦争は金市場の変動の要因と言えますが、厳密には、米中貿易戦争そのものではなく、貿易戦争から派生して起こった事象が金相場の上昇のきっかけとなっていると筆者は考えています。


 米中貿易戦争への不安感と金価格の動向が一致するため、米中貿易戦争の激化という有事が直接的に金価格を上昇させている、という連想が働きやすいのですが、米中貿易戦争によって生じた複数の材料が金相場を動かしているのだと思います。


あわせて読みたい

トウシルの記事をもっと見る 2019年6月10日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。