J-REIT【3】今は買いどき?売りどき?J-REIT市場の特徴

J-REIT【3】今は買いどき?売りどき?J-REIT市場の特徴
拡大する(全4枚)

 経済・投資に関する話題の内容を、証券マンの筆者独自の視点で、掘り下げていくこの連載。今回は「J-REIT」(ジェイ・リート:国内の上場不動産投資信託)の値動きの特徴をお伝えします。


【1】の復習
J-REITの主な特徴: J-REITが成長している理由は?長期投資に向いているワケ 【2】の復習
J-REITの不動産タイプ別の特徴:
オフィス、施設…どこに注目する?

J-REIT市場の取引量

 J-REITの取引がどれくらいかご存知ですか? 日本取引所のデータを見ると、月次データで、2019年4月は約2,252億円、年次データでは、2018年が合計約2.333兆円。月次で約2,000億円と考えると、1営業日あたりの取引は約100億円(1カ月の営業日、約20日計算)となります。


 さらに、立会い外取引等でデータにカウントされていないものもあるため、1日あたりで約150億円の取引と言われています。


J-REIT市場の主な特徴は、以下の点が挙げられます。


1.ブロックトレードやバスケット取引(証券会社とのまとまった数量での相対取引)が多い
 J-REIT市場の取引の主体は、ファンドか海外投資家、および機関投資家(ときどき日銀)が占めています。また、金額ベースでは、個別銘柄の証券取引所での取引よりも証券会社と機関投資家間のブロックトレードやバスケット取引の方が多いと考えられています。


2.海外投資家のシェアが高い
 日本取引所の「投資部門別 J-REIT売買状況」のデータでは、「海外投資家」は「委託取引」のなかに分類されています。2019年4月の月間データでは「委託取引」のうち「海外投資家」は約69%でした。同じように、2018年の年間データでは、「委託取引」のうち「海外投資家」が約62%でした。


この記事の画像

「J-REIT【3】今は買いどき?売りどき?J-REIT市場の特徴」の画像1 「J-REIT【3】今は買いどき?売りどき?J-REIT市場の特徴」の画像2 「J-REIT【3】今は買いどき?売りどき?J-REIT市場の特徴」の画像3 「J-REIT【3】今は買いどき?売りどき?J-REIT市場の特徴」の画像4

当時の記事を読む

トウシルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月21日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。