FRBが金融政策を転換!「米利下げ時代」が始まった

FRBが金融政策を転換!「米利下げ時代」が始まった

本日のレンジ予測

[本日のドル/円]上値メドは109.23下値メドは107.08

今朝の天気マークは「雨」


※天気の判定基準は記事末尾にあります


でも、動かないのはなぜ?


 FOMC(米連邦公開市場委員会)後のマーケットの反応は限定的。ドル/円は一時107.90円まで急落したもののすぐに108円に戻しています。ドル/円に限らず、NY株式市場のダウ平均株価も38.46ドル高にとどまり、おとなしいものでした。


 FRB(米連邦準備制度理事会)の金融政策が利上げから「利下げ」への大転換は、世界の金融市場にとって重要な出来事。しかし、世界的な経済低成長とドルのポジティブキャリーの環境においては、FRBの政策変更も米中貿易摩擦でさえもドル高の流れを変えることができないということです。


 作戦勝ちだったのはドラギECB(欧州中央銀行)総裁だったかもしれません。パウエルFRB議長に先んじて、ECBの緩和方針を発表したことで、ユーロ高/ドル安に動くのを防ぐことができました。


 なお、FOMCはこの日の会合で政策金利であるFFレート誘導目標を2.25~2.50%に据え置き。パウエルFRB議長は年内に0.5%ポイントの利下げを実施することを示唆しました。


 FOMC後の動きはやや期待外れでした。次の大イベントは月末の大阪G20。トランプ政権と中国政府が貿易協議を再開するとのニュースが伝わっています。パウエル議長は「今後の政策は経済データ次第」であることも強調しています。米中貿易協議が良い方向に向かうなら、FOMCが「利下げ」する必要がなくなるかもしれません。


あわせて読みたい

トウシルの記事をもっと見る 2019年6月20日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。