ポンドがどうにも止まらない。下がり続ける豪ドル/円、そしてリラ/円は?FOMC直前に、クロス円の上限のメドを緊急チェック!

ポンドがどうにも止まらない。下がり続ける豪ドル/円、そしてリラ/円は?FOMC直前に、クロス円の上限のメドを緊急チェック!

本日のレンジ予測

[本日のドル/円]上値メドは109.39下値メドは107.89

今朝の天気マークは「くもり」


※天気の判定基準は記事末尾にあります


危険水域のポンド/円


 30日(火曜)のマーケットでポンド/ドルは1.2119ドルまで下落しました。過去15年間のポンドの対ドルでの安値は1ポンド=1.1987ドル。これはブレグジットの国民投票(2016年6月24日)の時の安値だと思っている方もいるかもしれませんが、その時の安値1.3219ドルで、とっくにその水準を下回っています。


 1.1987ドルは、その翌年、2017年1月17日につけたものです。何があったのかというと、メイ首相(当時)が「EU(欧州連合)市場と関税同盟からの撤退」を表明してハードブレグジット路線を進むのではないかという恐怖で、ポンドが売られたのです。


 それから紆余曲折あり、ソフトブレグジットへ方針変更されたこともあって、ポンド/ドルも一時1.4377ドルまで戻したのですが、ここにきてメイ首相が辞任に追い込まれ、強硬派のボリス・ジョンソン氏にとってかわったことで、再び、というかこれまで以上にハードブレグジット路線が強まった結果、ポンドが下落しています。


 ジョンソン英首相が「合意なき離脱」を断行する可能性が次第に高まっているなか、ポンドはまだ下落余地がありそうです。1.1987ドルはもう間近。過去最安値の1.0545ドルを更新するリスクも排除できません。


あわせて読みたい

トウシルの記事をもっと見る 2019年7月31日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら