本当はヤバい米国経済?成長率を押し上げたのはある特殊要因だった!IMF見通しに注目

本当はヤバい米国経済?成長率を押し上げたのはある特殊要因だった!IMF見通しに注目

世界が注目するIMF世界経済見通し

 7月23日、IMF(国際通貨基金)は世界経済見通しの改定値を公表しました。IMFは年4回(1、4、7、10月)、この経済見通しを改定して公表していますが、国際機関であるIMFの経済見通しは、各国の政府や中央銀行の見通しと比べてバイアスがかかっておらず、より中立的な見通しであるためマーケットでは注目されています。


 この経済見通しの中で、特に注目されるのが成長率(GDP:国内総生産)です。このコラムでも、相場シナリオを考える上での参考情報となるため、発表の度に取り上げていますが、3カ月ごとの経済定点観測として見ると、さまざまなことが明らかになってきます。


 今回公表された世界経済見通しの一覧表とポイントは以下の通りです。


(1)2019年の世界の成長見通しは、前回4月の予測よりも0.1%下方修正され、3.2%に減速


(2)下方修正は、2018年10月から4回連続(3.9→3.7→3.5→3.3→3.2%)


(3)下方修正された3.2%は、リーマン・ショック後、景気回復が始まった2010年以降で最も低い水準。3%を切れば世界的に不況感が強まるとされ、IMFは「世界経済は低迷を続けている」と総括


(4)世界経済下押しは米中貿易戦争の影響による世界の貿易量の伸びの鈍化(3.4→2.5%)


(5)米国の2019年成長率は2.6%と0.3%の上方修正。ただ、景気の勢いは弱いため2020
年の成長率は1.9%に減速すると予測


あわせて読みたい

トウシルの記事をもっと見る 2019年7月31日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら