決算レポート:レーザーテック(EUVマスク欠陥検査装置の出荷が始まる)、バンダイナムコホールディングス(2020年3月期は上方修正の可能性あり)

決算レポート:レーザーテック(EUVマスク欠陥検査装置の出荷が始まる)、バンダイナムコホールディングス(2020年3月期は上方修正の可能性あり)

毎週金曜日夕方掲載


本レポートに掲載した銘柄: レーザーテック(6920) 、 バンダイナムコホールディングス(7832)


レーザーテック


1.2019年6月期は、35%増収、40%営業増益

 レーザーテックの2019年6月期は、売上高287億6,900万円(前年比35.4%増)、営業利益79億4,100万円(同39.7%増)となりました。好調な決算で、前3Q決算時の会社予想、売上高280億円、営業利益65億円に対して営業利益が大きく上回りました。また、前4Q(2019年4-6月期)は、売上高72億9,000万円(前年比32.1%増)、営業利益22億100万円(同2.0倍)となりました。


 売上高の内訳を見ると、2019年6月期は半導体関連装置が197億6,200万円(前年比27.5%増)と好調でした。従来型のマスク欠陥検査装置(シリコンウェハに回路を描画する時に使う「マスク」の検査装置)が堅調だったことに加えて、7ナノ以降のロジック半導体用マスクブランクス検査に使う最新鋭のEUVマスクブランクス欠陥検査装置(波長が極めて短いEUV(極端紫外線)光を使ったもの。「マスクブランクス」はマスクの材料)、EUVマスク裏面検査/クリーニング装置、後述のEUVマスク欠陥検査装置(APMI)からなるEUV関連の出荷が始まったことが業績を牽引しました。


 その他は、売上高44億900万円(同2.4倍)と大きく伸びました。中国で10.5世代大型パネルの設備投資が活発だったことを受け、フラットパネルディスプレイ向けマスク欠陥検査装置が好調でした。


あわせて読みたい

トウシルの記事をもっと見る 2019年8月16日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら