米、5人に1人が失業する時代。アメリカ経済は、良くなる前にもっと悪くなる 5月米雇用統計 詳細レポート

米、5人に1人が失業する時代。アメリカ経済は、良くなる前にもっと悪くなる 5月米雇用統計 詳細レポート

過去3カ月の推移と今回の予想値


米、5人に1人が失業する時代。アメリカ経済は、良くなる前にもっと悪くなる 5月米雇用統計 詳細レポート
※矢印は、前月からの変化

前回雇用統計のレビュー

 先月発表された4月の米雇用統計は、非農業部門雇用者数が戦後最悪の2,050万人減少しました。失業率は10.3ポイント上昇して14.7%へ。失業率は月間上昇率としては過去最大でした。


 雇用はすべての主要産業部門で大幅に減少しましたが、特にレジャー部門とサービス部門の落ち込みが顕著でした。この急速で大幅な悪化は、新型コロナウイルス世界的流行の影響と、それを封じ込めようとする努力(ロックダウン)を反映した結果だと米労働省は説明しています。


 一方、4月平均労働賃金は、前月比4.7%、前年比7.9%アップと大幅上昇。低賃金労働者が新型コロナウイルスの影響で大量に解雇されたことと関係があります。


米、5人に1人が失業する時代。アメリカ経済は、良くなる前にもっと悪くなる 5月米雇用統計 詳細レポート

5月雇用統計の予想

 BLS(米労働省労働統計局)が6月5日に発表する5月の雇用統計は、市場予想によると、NFP(非農業部門雇用者数)は800万人減少、失業率はさらに上昇して19.6%になる見込みです。


 アメリカの労働人口1億6,300万人の約5人に1人が職を失った計算になるわけですから、深刻な状況にかわりはありません。マスメディアも、アメリカの失業率がついに20%に達するおそれがあると報じています。


 とはいえ、失業率悪化は2カ月も前から予想されていたこと。20%という数字がサプライズかといえば、そうではありません。(まさか5.0%に下がるとでも思っていましたか?)


あわせて読みたい

トウシルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月3日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。