ナスダックは年初から27%上昇!「K字型物色」とグロース株優勢は続く?

ナスダックは年初から27%上昇!「K字型物色」とグロース株優勢は続く?
拡大する(全4枚)

ナスダック主力株がけん引してS&P500指数が最高値に迫る

 米国市場のS&P500指数は4日続伸となり、2月19日の史上最高値(終値:3386.15)まで約1.8%に迫る水準まで戻りました(8月5日)。ウイルス感染拡大で金融緩和の長期化が見込まれるなか、ワクチン開発を巡る前向きな報道、追加景気刺激策への期待、7月のISM製造業・非製造業PMI(企業景況感指数)が市場予想を上回ったことなどが好材料となりました。


 特に、ハイテク主力株のウエイトが高いナスダック総合指数、ナスダック100指数、フィラデルフィア半導体株指数は7月に続き再び史上最高値を更新しています。


 マイクロソフトがTickTok(中国系動画アプリ)の米国事業買収を検討中との報道で株価が急伸。サウジアラムコ(サイジアラビアの石油企業)を抜いて「時価総額世界首位」に返り咲いたアップルも最高値を更新しました。


 東京市場では、米国株式堅調と為替(ドル/円)が下げ渋ったことが日経平均やTOPIXの下支え要因となりました。


 図表1は、2019年10月初めを起点にしてナスダック100指数、S&P500指数、TOPIXの推移を比較したものです。ナスダック100指数は10月以来で約45%上昇、年初来で約27%上昇し米国株式の堅調をけん引していることがわかります。


 一方、「世界の景気敏感株」と呼ばれる日本株式は、コロナ禍に伴う経済的影響に為替の円高(ドル安)が重なり劣勢を余儀なくされています。米国・日本を含む世界株式市場は2月から3月に急落後、不安材料やリスク要因を消化しつつ、市場内部では「K字型物色」とも呼べるグロース株優位(バリュー株劣勢)が鮮明となっています。


この記事の画像

「ナスダックは年初から27%上昇!「K字型物色」とグロース株優勢は続く?」の画像1 「ナスダックは年初から27%上昇!「K字型物色」とグロース株優勢は続く?」の画像2 「ナスダックは年初から27%上昇!「K字型物色」とグロース株優勢は続く?」の画像3 「ナスダックは年初から27%上昇!「K字型物色」とグロース株優勢は続く?」の画像4

当時の記事を読む

トウシルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月7日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。