9月末の豪ドル/円はどちらに動く? 個人投資家の見通しは「豪ドル安」。75円割れはあるか?

9月末の豪ドル/円はどちらに動く? 個人投資家の見通しは「豪ドル安」。75円割れはあるか?
拡大する(全4枚)

本日のレンジ予測

[本日のドル/円]上値メドは105.74下値メドは103.80

今朝の天気マークは「雨」


※天気の判定基準は記事末尾にあります

Down Under


 楽天証券が先月末に実施した相場アンケート結果によると、回答頂いた個人投資家のうちの約25%が、今月の豪ドル/円は、75.10円以下の「豪ドル安」になると予想していることがわかりました。


 一方、78.50円以上の「豪ドル高」の予想は、それよりやや少ない約20%。55%は75.10円から78.50円の「中立」派でした。9月17日までの豪ドル/円の高値は78.36円、安値は76.10円。17日の終値は76.56円。現時点では、まだ75.10円から78.50円のレンジに収まっています。


 RBA(豪準備銀行)の政策金利は、3月から0.25%に据え置かれています(各国政策金利の推移は経済指標過去データをご覧ください)。8月の失業率も低下していて、再利下げの必要性は低くなっています。


 FRB(米連邦準備制度理事会)が、2024年前半まではゼロ金利を続けると発表していることで、金利面では豪ドルが相対的に優位。懸念材料としては、中国との外交関係が良好とはいえず、貿易に影響がでる懸念があること。


 豪ドル/円の最新位置情報は「今日の注目通貨」をご覧ください。


毎ヨミ!FXトップニュース

17日のドル/円のNY市場終値は104.73円

 前営業日の終値比▲0.25円だったので、今朝の天気マークは「雨」です。


この記事の画像

「9月末の豪ドル/円はどちらに動く? 個人投資家の見通しは「豪ドル安」。75円割れはあるか?」の画像1 「9月末の豪ドル/円はどちらに動く? 個人投資家の見通しは「豪ドル安」。75円割れはあるか?」の画像2 「9月末の豪ドル/円はどちらに動く? 個人投資家の見通しは「豪ドル安」。75円割れはあるか?」の画像3 「9月末の豪ドル/円はどちらに動く? 個人投資家の見通しは「豪ドル安」。75円割れはあるか?」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

トウシルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク