東京外国為替市場で1ドル79.75円を記録。当時として史上最高値【1995(平成7)年4月19日】
拡大する(全1枚)

1995(平成7)年4月19日

東京外国為替市場で1ドル79.75円を記録。当時として史上最高値 

 


 1995年4月19日、1973年に変動相場制が導入されて以来、円の最高値となる1ドル79.75円を記録しました。


 その後、外国人投資家が円を売り、日銀が当時、史上最大規模の為替介入を行ったことなどで、円は急速に下落。9月には100円台まで戻しました。


 この円高記録は24年後の2011年10月31日に破られることになりますが、このときは1ドル75.54円で円の史上最高値を記録。現在もこの記録は更新されていません。


 


1995年4月21日の日経平均株価終値は

16,968円24銭


 


(トウシル編集チーム)