消えた「らんざん」の塔 高速SA・PAで数減らす謎の巨大構造物 珍デザインも

消えた「らんざん」の塔 高速SA・PAで数減らす謎の巨大構造物 珍デザインも
       

高速道路のSA・PAには、照明柱以外に、大きな塔のようなものが立っていることがあります。エリア名を大きく示したり、地域ゆかりのものをかたどっていたりと、エリアのシンボル的な存在であるケースも。これが数を減らしています。

巨大な塔はオブジェじゃない!

 高速道路のSA・PAでは、照明柱以外に、大きな塔のような構造物が立っていることがあります。たとえば関越道の嵐山PA上り線(埼玉県嵐山町)には、ひらがなで「らんざん」と書かれた大きな煙突のようなものが立っていました。

 この「らんざん」の塔は2017年に解体されています。嵐山PAに限らず、同様の巨大構造物が近年、全国的に解体・撤去されているのです。2020年10月現在、NEXCO東日本管内には42か所あるそうですが、この10年で11か所減ったといいます。

 そもそもこの構造物、単なるオブジェではなく、「高架水槽」と呼ばれる設備です。

消えた「らんざん」の塔 高速SA・PAで数減らす謎の巨大構造物...の画像はこちら >>

リニューアル前の嵐山PA上り線。「らんざん」と書かれた塔はすでに撤去されている(画像:しんかわな / CC BY 〈https://creativecommons.org/licenses/by/3.0〉)。

 高架水槽にはトイレや商業施設で使う上水が貯められています。NEXCO東日本によると、停電時でも水を供給できることから設置されているのだそう。仮に、くみ上げポンプが使えなくなっても、高いところに貯めた水を流すことで、しばらくは水を賄えるというわけです。


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月9日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。